20代最後の大失恋!まだ引きずっていて新しい恋に踏み込めない

過去の恋愛を引きずって新しい恋ができません!私の大失恋

私は都内で企画職をしている30歳のOLです。今は彼氏はいない。というより、過去の失恋を引きずっていまだに新しい恋愛に踏み込めずにいます。

同僚が「ねえねえ、来週の金曜空いてる?飲み会あるんだけどさ~、この間紹介するっていってた友達もくるし、おいでよ!」私は、「うーん、ごめん。その日はどうしても外せない予定があって…。」すると同僚は「え?なになに、気になる人でもできた?デート的な?」と言ってきたので私は「違うよ?大学の女友達と。婚約した子がいるからちょっとしたお祝い!」と言いました。こんな会話も半分は嘘。同僚には悪いけれど…。新しい出会いがあったところで去年までのことを思い出して辛くなるだけ。

「俺、結婚しようと思うんだ。ごめんね。」29歳。貴重な20代の最後の冬に私は、大好きな彼からこんな風に別れを告げられました。理由は私の他に、ずっと二股をかけていた相手との間に子供ができたこと。一年間の片思いがやっと成就して、付き合って2ヶ月目にこんな風に別れを告げられるなんて思ってもみませんでした。

憧れの先輩と距離が縮まり付き合うことに!悪い噂もあったが見ないふりしてた

彼は以前の職場の別の部署の先輩で、密かに憧れている人でした。背が高くておしゃれで、その上仕事もできるのでいつも大きなプロジェクトを任されていて。ずっと尊敬していて、遠くから見ているだけで十分って思っていたくらいでしたが、ある日同じプロジェクトチームに配属され、一緒に働くことに。

精一杯仕事をこなし、彼の前ではいつでも明るく前向きに振る舞い、私のことを少しでも知って、いい印象を持ってもらえたらいいな、と思っていました。

そんなある日の仕事帰り、偶然エントランスで彼と鉢合わせして、そのまま「お疲れ様でした」と挨拶をして帰ろうとしたところ「待って、今日このあと時間ある?ちょっとご飯行こうよ。いつも頑張ってるからご馳走させて」と声をかけられて。

私は嬉しくって舞い上がる気持ちを抑えて、彼の誘いを受けました。普段は仕事上必要な話やちょっとした雑談しかしなかったので、改めて二人でプライベートなことまで話してみるといろいろな共通点があって。すっかり意気投合してしまい、その日の夜はとても楽しく過ごすことができました。

その後、彼は仕事で私に大きな案件を任せてくれることが増え、それが嬉しくてちょっとくらい無理をしてでも成果をあげていきました。またプライベートでも食事に行ったり、お休みの日にも2人で遊びに行ったり距離がどんどん近くなっていきました。そして初めて二人で食事に行ってから3ヶ月後彼からの告白で付き合うことになりました。

ただ、距離が近くなるにつれ、他の先輩や同僚、それから共通の友人から良くない噂を聞くようになって。彼がキャバクラ通いをしているから気をつけたほうがいいとか、最近女の子と手を繋いで歩いていたとか。私は、キャバクラはお仕事で行くこともあるだろうし、女の子と手を繋いでいたのは人違いかも、なんて思いながら、彼とはラブラブな生活を送っていました。

本当は、その時点で自分でもおかしいなって思うことはいくつかあったのに、それらの話が本当なんて信じたくなくて、必死に見ないふりをしていたんです。

突然聞いた彼からの別の女との結婚報告。相手はもう好きじゃないと言うが

そうしてその年の11月、朝、出勤すると彼から「仕事後に話したいことがあるから電話してもいい?」とLINEが。
何の話だろう。言いたいことがあるなら直接言えばいいのに。彼の方に目線をやると、なんだかいつもより元気がなさそうで私を避けている感じがします。「ちょっと嫌な予感がする」落ち着かない気持ちのまま1日を過ごし、仕事後も彼から電話がかかってくるのをただ待ち続けました。

そうしてやっとかかってきた電話で告げられたのが「俺、結婚しようと思うんだ。ごめんね。」この一言。私は状況が飲み込めず、つい「誰の?」なんて間抜けな声で聞き返してしまいました。「他に実はずっと付き合っている人がいて。ずっと別れたいと思っていたから、もう好きじゃないんだけど。」「好きなのは君だけなのは信じて欲しい。でも子供が出来ちゃったから結婚するしかなくて。ごめんね。」

自分が騙されていた怒りや、こんな大事なことを電話一本で、済ませようとした彼への怒りもありますが、相手側にも、授かった命にもこんなにいい加減な気持ちで接する彼のことを好きになってしまった私が情けなくって。私はそのまま電話を切って一晩泣き続けました。

その後一度彼と会い、もう一人の彼女のことや、今までのことを話し合い、別れることに。尊敬して止まなかった人が最低な人だったことがわかったということと、それでも好きだった人と別れることになったショックから
落ち込んでしまい半年間立ち直ることができず、それからさらに最悪なことに、彼が職場で妊娠結婚を公表し付き合ってることを知らなかった同僚から祝福されているのを目の当たりにし、いつまでたっても辛いまま傷が言えることがなかったので本当に忘れるために職場も変えることにしました。

転職をして、彼のことを考える時間がなくなって今では毎日が楽しいと思えるようになりましたがそれでも新しい恋に目を向けることはまだできそうにありません。それでもゆっくり自分のペースでまた前を向くことができるようになればいいなと思っています。